« チップスメーカー | トップページ | 仲良し »

宝物の一年

ふぐさんをウチに迎えて今日で1年になります。
 
 
1年早いなー。ラっという間でした。
 
 
振り返れば、ふぐさんとの出会いは本っ当に偶然。
 
 
最初は北見に新しいホーマックが出来て、犬を見に行ったのがキッカケでした。
 
 
もともと看板犬がいたらいいなぁと思っていたのですが、姫ちゃんが犬嫌いだったので多頭飼いはあきらめてて。
 
 
でもホーマックにいた白のフレンチブルを見て気持ちに火が付き、犬を探しに行くことに。
 
 
実はずーっと前から次はフレブルを飼おうと決めてました。
 
 
自分でお利口さんに躾する自信が無かったので、躾してから引き渡してくれるペットショップ「カーネ」(消防署の隣です)に相談しに。
 
 
フレブルをブリーダーさんから取り寄せてもらう方向で話が進んでたんだけど、「あ、そういえば今ウチにボストンテリアがいるんだよ〜!」と見せてもらったのがふぐさん。
 
 
 
 
これがその時の写真。カーネの奥さんと。懐かしいなー。。。
 
 
仔犬時のふぐさんはあまりに良い血統で高額だったため、いわゆる売れ残りちゃんに。この時すでに1歳半でした。
 
 
ここで私が引き取らなかったらブリーダーさんの元へ帰ってしまう事になっていたふぐさん。ここぞとばかりに愛嬌をふりまき、私はその可愛さに心を奪われました。
 
 
ボストンテリアのくせに…可愛い。(ボストンテリアはもうちょっとゴツい顔だと思ってたので。)
 
 
それからというもの、ふぐさんのことが忘れられなくて。しつこく通って見に行って。悩んだ末にとうとうウチに迎えることになったのでございます。
 
 
思えば運命の出会い。偶然のようで必然。
 
 
あの時ホーマックに行かなければ犬を飼う気持ちにならなかったし、カーネに行かなければふぐさんには出会ってなかった。
 
 
出会わせてくれてありがとう。本当に感謝します。
 
 
ふぐさんがいて得るものは数え切れないです。かけがえない宝物。プライスレス!
 
 
これからもずーっとよろしくね、ふぐさん!
 
 
あ、ちなみに「ふぐ」という名前はカーネに来る前から付けられていたそうです。
 
 
本当は「宙(そら)ちゃん」と考えていたのにー。一日だけ反抗して「はぐちゃん」と呼んでみたり。(響きが似てるから。笑)
 
 
でも結局「ふぐ」に戻っちゃって。今はとっても気に入っているんですけどね。
 
 
だいたい2度聞きされますけど。 
 
 
 
 
ドンマイ!
 

|

« チップスメーカー | トップページ | 仲良し »

ふぐのこと」カテゴリの記事